ゆめキッズの方針

その1
夢に向かって可能性を広げるために、意欲や好奇心を伸ばし、お子様の「できた!」という達成感に寄り添います。
その2
「自分はかけがえのない大切な存在である」という自己肯定感を抱けるように、その子らしさを十分に認め、褒めて関わります。
その3
お子様一人ひとりの将来像を見据えた長期的な目標をもとに、短期的な目標を設定し、スモールステップでクリアしていけるように支援します。
その4
身辺の自立や公共マナーの学習など、社会で生きていくために必要な生活する力を育みます。
その5
自分の感情をコントロールする方法や、相手の気持ちを考えることなど、人と繋がる上で必要となる協調性や社会性などのソーシャルスキルを育みます。

活用している専門スキル

ゆめキッズでは、下記の専門スキルを活用した個別療育と集団療育を行っております。

 

ソーシャルスキルトレーニング

ソーシャルスキルトレーニング(SST)は、社会性の訓練を指します。

社会生活を営む上で必要な行動スキルを獲得するために行います。

例えば、仲良くなりたいお友達に話しかける、必要なものを貸してほしいと頼む、順番を守ってオモチャを使うなど、生活の中で必要となる望ましい行動をスタッフが実演して見せ、実際に練習しながら獲得していきます。

応用行動分析

応用行動分析(ABA)は、心理学の一分野で発達障がい児の療育やその他社会の様々な課題に応用するものです。 発達障がい児の療育に高い効果が望めるとして世界的に大きな広がりを見せています。

行動には必ず理由があるとし、行動自体ではなくその理由や結果にアプローチしていきます。環境を整備したり、良い結果(強化)を与えたりしながら望ましい行動を身につけていきます。

TEACCH

TEACCH(ティーチ)とは、アメリカ・ノースカロライナ州で実施されている、自閉症等コミュニケーションに課題をもつ児童やその家族への包括的対策プログラムです。

「いつ」「どこで」「なにを」「どのような方法で」「何をしたら終わり」「次に何をするのか」などを視覚的にわかりやすく伝え、行動しやすい状況を作ります。その中で、不適切な行動ではなく、適切な行動に注目し増やしていきます。

スタッフ紹介

ゆめキッズでは、下記の有資格者や経験豊富なスタッフが在籍し、お子様の成長をサポートしております。

 

●児童発達支援管理責任者

●社会福祉士

●言語聴覚士

●公認心理師

●保育士

●児童指導員

●教員経験者

●作業療法士

●看護師

●児童スタッフ